• 会社案内
  • 加工場
  • 新工法の取り組み
  • その他

DBヘッド定着工法のご紹介。

◆DBヘッド定着工法とは?
鉄筋の先端に鋳鉄製のリングを取り付け、その引っかかりをアンカーの替わりとする、 機械式鉄筋定着工法の一つで既存工法の問題点を改良しつつ現場の意見を取り入れながら開発された、国内で採用されている約十数種類の同種の工法の中でも最も新しい工法です。
◆DBヘッド定着工法の利点
DBヘッド定着工法には下記のような利点があります。
@他の工法に比して製作が容易、かつ安価であること。
A安定した供給が可能であり、小ロットにも対応出来る
(特定工場での限定生産ではありません。また全国にDBヘッド定着工法の認定業者が存在し、全国展開されております。)
B他の工法と同等の機能を持ち合わせるとともに全国の鉄筋メイカーの製品と高い互換性があります。
◆DBヘッド製造状況
DBヘッドを当社屋外加工場で制作しています。

◆DBヘッド定着工法採用現場から

  実際にDBヘッド定着工法を採用した建築現場の工事写真をご覧下さい。

dbhead-1 dbhead-2
現場写真-1 現場写真-2
dbhead-3 dbhead-4
現場写真-3 現場写真-4
Copyright(C) Kamada Tekkin. All rights reserved.